2017年07月15日

 12日夜、西丘小学校で千里橋の耐震及び改修工事について地元市民を対象とした説明会がありました。千里橋は国道423号線(新御堂筋)に架かる跨道橋で昭和45年に完成。建設から半世紀近くが経過する橋であり老朽化とともに新しい時代や基準に合わない橋として改修が検討されてきました。
 改修直前になって橋に隣接するよみうり文化センターの再整備計画が持ち上がり、となりには52階建ての超高層マンションが建設されることになりました。当然、超高層建築物による風の影響が懸念されるため、千里橋の耐震補強工事もこれらのことを勘案した総合的な対策を講じることになりました。

 これまで2回の説明会(連合自治会)での宿題やこれからの方針等について説明がありましたが、一般市民の方々に対する説得力ある回答や説明にはなりませんでした。
市民や利用者の不安は
仝什澆龍兇良員3.76mが3.30mと狭くなること。
▲咼詆の影響を考慮して設置される風防が南側だけ。屋根についても全面ではなく南側半分のみ。
D鷦┐気譴芯鵡埃埒(平成27年2月)や風に対する調査(市役所屋上)の説得力のなさ。
ぜ転車通行の多さと事故の危険性について。
ケ天時や晴天時(特に夏場)における通行の混乱や危険性。
 などいろいろと出されました。
 
 これに対しての市の説明は
仝什澆龍兇鯤箒や改修する場合は構造上や強度の関係で幅員を狭めなければできない。
▲咼詆の対策としては南側から(大阪市方面)が多いと推測され風防は片側だけとする。また、屋根に
 ついては重量がかさむので半分しかできない。
については大阪府や事業者の調査を根拠としている。
ぜ転車通行に関しては下車しての通行や通行禁止を検討する。(自転車は本来、車道を通行するもの)
イ砲弔い討和昌(高槻市)を事例に出し、混乱なく通行してもらえるとの見通しを報告された。

 これらのやり取りを聞いていて市民や利用者が納得し安心して帰られたとは到底思えない。市の財政等を考えれば何でもやりますと言えない苦しい立場は十分に理解できる。しかし、豊中市が施策の1丁目1番地に上げるのは「安心と安全、快適性」であるはずだ。関西で住んでみたい町の上位にランクされている千里中央地区の「まちづくり」の現状がこれでは思いやられる。

 市は大事な問題を他人任せにせず、当事者としての責任と能力を如何なく発揮してほしい。最新のデータや技術を活用し、今後50年のソフト、ハード両面で耐えうる事業として完成させてほしいものです。更に、こうした諸問題の当事者である事業者に対してもしっかりと物申す姿勢が大事だと申し上げておきたい。

 


fukuokamasaki at 11:46コメント(0) 
 10日は交通事故をなくす運動豊中推進協議会総会に出席し挨拶しました。近年、多くの方々のご努力により交通事故による死者数が年々減少し、昨年は3,904人と戦後最少を記録した1949年以来、4,000人を下回ったとのことです。しかし、高齢化の進展により自らが被害者になったり加害者やゃゃになるケースが増えているようです。高齢者ドライバーの免許書返納や交通安全教室の更なる充実が求められています。
 この総会に引き続き行われた豊中市安全なまちづくり推進協議会総会に出席しました。


fukuokamasaki at 10:14コメント(0) 

2017年07月13日

 新千里東町近隣センターが建て替えに関連し地区会館も新たに建て替えることになっています。その地区会館の建て替え図面が出来上がり、地域自治協議会の委員として出席しました。建物は他の施設(市施設、郵便局、地区会館)との一体の建物で平屋建ての建物のうち約300屬地区会館となります。
会館内には大集会場や「街角広場(地域運営の喫茶室)」、その他の用途を含む複数の部屋からなっています。各部屋の独立性確保やフルオープンも視野に入れ最終的な検討を行いました。完成後は豊中市の財産として地域が日常的な管理と使用を行うことになっています。何回もの検討を加えた結果かなりいいものができそうです。検討委員会メンバーとして長い間ご努力いただいた皆様に感謝です。


fukuokamasaki at 09:31コメント(0) 

2017年07月08日

 16コミニティ政策学会(後援 大阪大学、関西学院大学)が7月1〜2日豊中市で開かれました。1日は千里中央のライフサイエンスビル5Fのライフホールで全体会が、2日は豊中市の千里コラボで各種分科会が開かれました。両日とも参加しましたが、全国から多くの研究者や行政職員、豊中市民も多数参加されました。私自身も1995年以来、地域活動の重要性や担い手の育成、将来のあるべき姿など長年にわたって取り組んできただけに聞きごたえのある学会でした。豊中市でもコミニティ政策に力を入れ取り組んでいるだけに多くの市議会議員の姿も見られうれしく感じました。
 3日は教育委員会からの報告と事務局との打ち合わせを実施。夜は新旧正副議長と市の幹部とによる懇親会が行われましたが、普段なかなか話さないような話題も含めて実に有意義な会であったと思います。今後の姿市政の発展や市民福祉の向上にも生かしていきたいと思います。
 4日は議会対策検討委員会の第1回目の会議を行いました。数ある検討事項や時間の限られたものもあり精力的な開催が求められることになりそうです。午後はアクア文化ホールで開催された「老人クラブ大会」に来賓として参加し挨拶を行いました。多くの友人知人も参加されており各種表彰や感謝状が贈られました。
 5日は横浜市議会から行政視察一行がお見えになり冒頭に挨拶。視察目的は待機児童解消に関する調査でした。挨拶の中では今年の春以来、豊中市に対する風評被害(森友学園問題による)が多く豊中市としても困っている。学校許認可については大阪府、用地売却については国、所在地が豊中市であるために大阪府豊中市という表現が何度使われたことか。正しい豊中市の知識と認識を持っていただくため入念に豊中市の案内をさせていただきました。また、横浜市は様々な施策の先進事例を持っているためこれまでにも何回か豊中の議員や職員たちが視察に訪れているため、今後とも双方向での視察をお願いしておきました。
 6日は完全休養日でした。7日は午前8時半から市役所駐車場で行われた「2017年:原水爆禁止国民平和大行進」の出発式に来賓として参加し挨拶しました。その後、クリーンランド議会事務局(ごみ焼却場)から報告があり、誤って焼却場にスマートホンや携帯電話を持ち込まれるためごみ転送途中での発火火災が42件発生しているとのこと。その半数が電池による発火事故であることが確認されているようです。対策の重要性について要請したのは、焼却場に入り込み火災となる事故を未然防止するとともに、スマートホンや携帯電話は「都市鉱山」とも呼ばれ金やレアメタルをふんだんに使っているため、価値ある資源の再利用を目的とした対策も必要であることを強調し善後策を求めました。

 


fukuokamasaki at 15:03コメント(0) 

2017年07月01日

 30日夕方、結婚し東京に住んでる長女からメール。東京電力福島第一原発事故をめぐる業務上過失致死傷罪で強制起訴された旧経営陣3被告の初公判が東京地裁で開かれたが、検察官役指定弁護士5人の一人として亭主が参加してるのでニュースを見てほしいとの内容だった。この事件、検察が不起訴処分とした事件だけに非常に難しい問題ではあるが、社会正義や社会的弱者である被害者を守る一助になるとともに、再発防止や原発の更なる安全管理につながればと思います。困難が予想される事件だけに体には十分気を付けて頑張ってほしい。


fukuokamasaki at 11:38コメント(0) 
 21は議会の合間を縫って幹事長会を精力的に実施。(大阪万博の決議に向け全会一致をめざして)
夕方の合間にUR都市機構関西支社職員が来庁され、UR新千里東町住宅(高層棟)建て替えのための除却作業の事業者決定やスケジュールについて説明を受ける。特に除却に際してのアスベスト対策については厳重かつ慎重に対処するよう要請するとともに、豊中市環境部に対しても監督行政としての指導を徹底するようお願いしました。また、URに対して市の事業である「街角デイハウス(認知予防に資する高齢者の活動場所)」の積極的な協力依頼をしました。その後、翌日行われる本会議個人質問の答弁内容(千里橋改修の件)について都市基盤部と再度議論し調整しました。
 22日は本会議個人質問の二日目で「無所属の会」が質問。終了後、大阪万博賛成についての議会の意思表示については、全会一致とはならず議員提案で議決されることが最終決定されました。この決定については議員提案されることについては全会派が一致しました。
 23日は朝一番に車の車検手続きを済ませたのち、登庁して滞っていた事務処理や市民の皆様への返事を済ませました。夕方からは豊中駅前のホテルアイボリーで行われた「防火安全協会」主催の懇親会に来賓として出席し挨拶。24日は東町近隣センター建て替えに伴う地区会館の下見に西丘小学校とOPH新千里西町集会場の見学案内を地域の方にお願いしており挨拶に出向きお願いしました。その後は豊中市教職退職者の総会に来賓として出席のため福祉会館へ。終了後は箕面市船場で開催された東丘小学校の新旧教頭の歓送迎会に出席しました。
25日は公務はなく、地域のアドプトロード(美化清掃奉仕)に参加。午前10時からは地元自治会で開催された防災訓練に参加しました。午後は何の予定もなく久々にゴロゴロ出来ました。
 26日は6月議会の最終日で幹事長会議、議会運営委員会、本会議と続き5時過ぎにすべて終了しました。夜は豊中商工会議所の総会終了後の懇親会に出席し挨拶。商工会議所幹部の方々と様々な話が出来ありがたかった。特に会の性格上、豊中市と産業振興との関係や個別企業の経営姿勢、行政に対する注文等もお聞きする機会があり参考にさせていただきたいと思います。27日は豊中市役所議会棟前駐車場で開催された「反核・平和の火リレー出発式」に来賓として出席し挨拶。午後は北西部地域の自治会長が見えられ地区財産についての要望を受けました。28日は健康福祉部から報告と資産活用部に聞き取りを行いました。午後は民生・児童委員大会がアクア文化ホールで開催され来賓として出席し挨拶。この大会で各種表彰式が行われましたが、十数年前同じ地区で民生委員をしていた時の元同僚が30年表彰を受けられ感慨もひとしおでした。
 29日は朝一番に環境部から報告を受けました。午後は市民環境会議に来賓として出席。夜は豊中市八業界合同懇親会に来賓として出席し挨拶。八業界には豊中市のまちづくりや公共投資での相乗効果に期待したいものです。30日は珍しく公務から解放され、たまっていた個人的な問題について関わる時間が持てました。



fukuokamasaki at 11:05コメント(0) 

2017年06月30日

 8日は委員会付託している環境福祉常任委員会を傍聴しました。午後は幹事長会議を開催。
9日は建設水道常任委員会を傍聴後、市の売却物件についての説明を担当部局(資産活用部)から報告を受けました。服部給食センター跡地、豊中市公館、金坂池。夜は豊中市消防団の総会後に開催された懇親会に来賓として出席しました。
10日は千里コラボで開かれた市民ワークショップ(千里の公共広場の魅力的利用)に参加しました。夕方からは千里阪急ホテルで開催された大会に来賓として出席。(豊中市立小、中学校PTA役員と小、中学校長、教育委員会など300名参加) 市議会議長として挨拶しました。11日は朝一番に新設されたアトリオ南丘保育園を事前訪問し開設のお祝いとお礼に行きました。その後、公民分館東部ブロックの親睦ボーリング大会に参加。12日は総務常任委員会に委員として出席。午後は幹事長会を開催。その後は会派団会議を開催。夕方になって市民からの質問が届き回答しました。13日は新旧議長の引継ぎを実施(北側議員より)
14日は環境部から市内での土場汚染について報告を受けました。(クリーニング店跡地、自衛隊跡地) 吹田市民の表敬訪問を受けました。この方々は吹田市と隣接する東寺内町での歩道建設に並々ならぬご協力をいただいた方々です。(約300mの歩道建設とその後の土地買収での協力) 豊中市にありながら利用者の大半が吹田市民ですが、市民の安心・安全につながる公共インフラの整備については設置義務者と利用者の関係に関わらず行政は速やかな整備に取り組むべきというのが私の持論です。この件を契機に逆の立場のケースにおいても速やかな実施が行われるようになりました。(豊中市、吹田市の実務)
夕方からは大阪府からも要請の来ている万博決議について幹事長会議を実施しました。
15日は6月議会個人質問の通告締め切り。新田地区から旧新田小学校の活用について報告がありました。午後は豊私幼(私立の幼稚園)の大会があり来賓として出席し挨拶。夕方はNPOの方が来られ「街角デイハウス」についての相談がありました。夜は大阪市内で開かれた豊中南防犯の懇親会に来賓として出席し挨拶。16日は早朝より追加議案の説明を市の幹部から受けました。その後、豊中市原田にある遊休地を活用した「豊中アグリ」による田植えを実施しました。午後からは社明運動の総会に来賓として出席し挨拶。夕方に梅花高校生たちによる花束の贈呈を受けました。(宗教による行事だそうです)
17日は市民からいただいていた質問の調査を終え返事をしました。昼前に西丘小学校のコミニティセンターを調査訪問。(東町地区会館建設の参考に) 夕方からは千里阪急ホテルで行われた豊中市病院連絡協議会総会後に開催された懇親会に来賓として出席し挨拶しました。18日は新千里東町にある「こぼれび通り」で実施された「アジサイを咲かせる会」の行事に参加。19日は午前に議会報編集委員会を開催。午後は財務部から豊中市が実施するふるさと納税の返礼品について報告を受けました。(高校野球発祥の地記念ボールと記念切手) その後、幹事長会議が行われ万博決議について議論しました。夕方にはUR西日本支社から訪問を受け、UR新千里東町高層棟(約600戸)の建替えに関する除却の説明を受けました。20日は6月議会個人質問の初日で大阪維新の会と日本共産党による個人質問が行われました。



fukuokamasaki at 09:53コメント(0) 

2017年06月07日

 1日、本会議を開催し補正予算関係を関係常任委員会へ送る。環境部公園みどりより第二次豊中市緑の基本計画素案の説明を受ける。6/25(千里公民館),7/1(中央公民館),7/9(庄内公民館)、で市民説明会を実施します。

 2日午前、表敬訪問を受ける。午後、シルバー人材センター総会(アクア文化センター)に来賓として出席。その後、企業団体ボランティアネットワーク会議に来賓として出席しました。夕方は教員採用試験の志願者数速報値にかかる報道への情報提供について説明を受ける。

 3日は教育委員会と豊中歯科医師会との共催による「よい歯の集い(西丘小学校で開催)」に参加。その後認知症予防会議(岡上街角デイハウスで開催)に出席しました。NPOや事業者、学者や議員など13名による会議でした。先進的な取り組みを通して議論し現場や実務に反映させることを目的としています。夜は地元地域自治協議会の環境委員会に出席し、課題であった地元での安全対策や工事について説明しました。
 
 5日は文教常任委員会を傍聴の後、議員団会議を実施。午後からは豊中まつり実行委員会より準備状況の報告を受ける。

 6日は千里コラボで職員健康診断を受けたのち登庁しました。午後は所属する総務常任委員会の補正にかかる事前説明を受けました。

 7日は登庁途中でアトリオみなみおか保育園を訪問しました。9日に実施予定の見学会に出席できない(公民分館事業に出席予定)ため事前見学したものです。この保育園は消防出張所後にできたものです。消防出張所が西町で建て替えられたため廃止後は土地の売却が決定事項でしたが、私自身が市の幹部に対して売却中止と最有効活用を提言し売却処分が中止となりました。待機児童解消対策のため、この地に保育園開設はありがたい。昼前に豊中市私立幼稚園連盟の表敬訪問を受け懇談ののち、吹田市議会正副議長の表敬訪問を受けました。午後には上新田地区の地域役員が来られ地区財産の後継処理について具体的な問い合わせがあり職員と対応しました。



fukuokamasaki at 14:26コメント(0)トラックバック(0) 

2017年06月01日

 5月30日は幹事長会議のあと議会運営委員会が行われ、午後には都市基盤部そのほかの部局から報告事項がありました。新田地区の地域要望のうちいくつかについての回答でしたが、6月中にすべて完成するとの報告でした。

 31日は午前中に箕面市、池田市の正副議長を訪ね就任のあいさつを行いました。ただ、池田市の議長については数日前に東京での会議で同席し挨拶済みでした。帰庁後は豊中市PTA連合協議会(18中、41小加盟)の役員の皆様の表敬訪問を受けました。豊中市や教育委員会への要望等についてもお聞きし、現在の状況等についての聞き取りをしました。午後は豊中市健康づくり推進委員会総会に来賓として出席しご挨拶を行いました。夕方からは市民の方からの要望で面会予定でしたが、手違いでお見えになられなかったので退庁しました。


fukuokamasaki at 17:41コメント(0)トラックバック(0) 

2017年05月29日

 今日は近隣市などへの挨拶に忙殺されました。9時に役所を出発、最初は吹田市を訪ね正副議長に就任の挨拶と情報交換しました。続いて高槻市、茨木市と回りお昼に帰庁。午後は豊中警察と豊中南警察への訪問で署長,副署長と犯罪防止や子どもの安全対策などで協議しました。その後は豊中商工会議所に会頭を訪ね懇談しました。水上会頭とは以前から親交もあり、豊中市の産業振興策について懇談しました。前国定会頭とも何度か話もし、都市計画審議会でも同趣旨で発言した経緯もあり、特に空港周辺の準工業地域での地区計画(住工混在問題)については話が弾みました。

 帰庁後は明日の本会議や幹事長会議、議会運営委員会等の打ち合わせを行いました。夕方4時には伊丹市の正副議長の表敬訪問を受けました。実は伊丹市の両氏とは26日に東京で開催された会議で同席し挨拶は済んでいたのですがこの時とは違ってじっくりお話が出来ました。防犯カメラ設置の件やコミニティFMを危機管理に生かした先進都市として勉強させていただいたことなどが話題となりました。。

 5時に終了後は大阪大学(吹田市の産学連携本部)での会議に出席しました。内容は認知症関連の話題提供として、「眼鏡型ウェラブルデバイスによる眼球運動解析と医療応用へ向けた取り組み」の内容で上間裕二氏の講演と質疑応答でした。今後の認知症早期発見と自治体への採用と応用に期待の持てる内容でした。今後も引き続き勉強したいと思います。

 
 



fukuokamasaki at 22:56コメント(1)トラックバック(0) 
記事検索
プロフィール

fukuokamasaki

  • ライブドアブログ