2018年03月17日

セルシー建て替えの方向へ

 長い間、多くの方々が気をもんでいた千里セルシーの建替え問題が表面化した。 H2Oリテイリングが千里阪急百貨店とセルシーとの一体再開発を発表。事業主が目を付けたのは、梅田まで約20分、大阪国際空港や新大阪駅にも近いという利便性で、郊外でのターミナル立地1番店になるような10万屬箸いβ腓な商業施設を作るとしています。
 10万屬箸いΔ100m四方の床面積の10階建てということです。大阪梅田の阪急百貨店の規模に匹敵するというからすごいものです。果たしてこれだけの規模の商業施設が千里中央に作られてやっていけるのかと期待とともに不安もよぎります。H2Oリテイリングの企業としての力量に期待したいと思います。

 
 千里中央商業地域での今回の再整備事業は、これまでで最大の事業となり千里中央地区がもつ課題解決と新たな価値の創造にとって千載一遇のチャンスとなり事業者の手腕が問われるとともに議会や市に課される役割や責任は重大です。



fukuokamasaki at 15:40コメント(0) 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索
プロフィール

fukuokamasaki

  • ライブドアブログ