2019年03月21日

八中、九中の校区編成はこのままでよいのか?〇

八中、九中 学校規模の課題と市教委の姿勢について

❖下の表は千里ニュータウンで隣接する二つの中学校(八中及び九中)の比較です。
 面積、校舎、運動場においても小さい九中に生徒数で3.28倍、一人当たりの運動場面積では九中生徒は八中生徒の1/5という信じがたい状況です。また、校区内小学校は八中は東丘、北丘小学校の2校に対し九中は西丘、南丘、新田、新田南小学校の4校です。更に空き教室については八中24教室に対し九中2教室となっています。今回、市教委は校区編成という手法を取らず、九中に建てられる余地があるから



比較項目

  第八中学校

   第九中学校

校舎等の面積

  26,697

      24,600

運動場面積

  15,090

       9,900

校区内小学校

 東丘、北丘小

 西丘、南丘小

 新田、新田南小

   生徒数

        252

         828

今年度学級数

      10 教室

  28 教室

  空き教室

      24 教室

         2 教室

 一人当たり

 運動場面積

      59.9

       12.0





















と増築を決定しました。
本来、教育委員会は校区編成により適正規模の学校にして公教育の在り方を正さねばなりません。結果として八中では過小校の弊害(生徒数が少ないためクラブ活動の限界やクラス替えの問題等々)が出ています。また、九中については小さい運動場や使える教室に余裕がないための問題もあります。
また、桜井谷東小学校の失敗(将来推計を見誤り増築したが改めて再度増築を決定)が全く生かされていません。

特に問題なのは校区編成(3校対3校等にする)に対する反対に何の指導力も公教育のあるべき姿や税の使い方等に指導力を行使できなかった市教委はその存在意義を問われかねないと考えます。また、学校教育審議会の出した答申を無視する形で進めたことについては何をかいわんやです。

 保護者や生徒など関係者が移動に対して反対する個人的な気持ちは理解しますが、そうしたことを十分織り込んだうえで判断を下すのが市や市教委、政治の仕事ではないでしょうか。
 まして、庄内地域の学校統廃合(3中学校、6小学校)による二つの小中一貫校や東泉ヶ丘小学校に通っていた南町3丁目の児童の中には何倍もの通学距離になる子どももいるが、転校をお願いし理解いただいてきた経緯もあります。
※(建てられるから増築するという手法が通るのであれば他地域の統廃合や校区変更にご協力いただいた方々にどのような説明が出来るのか。今後の校区編成に悪影響する前例となりかねない)

 校区の問題については、議員になった16年前からあった議論であって、結果として今日まで努力の跡も見られず、予算の無駄遣いをして一時的な解決を目指しているとしか思えない教育委員会の責任たるや重大なものがあると申し上げたい。


fukuokamasaki at 12:29コメント(1) 

コメント一覧

1. Posted by 青木 弘    2019年03月28日 11:16
5 福岡さん
スタッフの皆さん

東豊中町の青木です。
市政だよりを拝受しました。
20数年前、東町の街角センターで「これからの豊中に必要なヒトとモノ」について語りあったころを思い出しています。今後のご活動を期待しています。
ありがとうございました。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索
プロフィール

fukuokamasaki

  • ライブドアブログ