2009年10月

2009年10月31日

 31(土)、毎月定期的に開催していた「この町のかたち」研究会が総選挙のためしばらくお休みしていましたが本日、久しぶりに開催され出席しました。

 この会は大阪府選出の国会、府会、市町村の民主系議院を中心とした会員組織で、定期的に実施している勉強会です。私は無所属ですが議員になって以来参加し、多くのテーマでの研究や議論に参加してきました。

 今回のテーマは、「政権交代後のこの国のかたち」と題して尾立参議院議員が講師となりました。尾立議員は当会のメンバーとしても当選以来共に活動しており、今回、民主党の事業仕分けで第2チームの主査を務めています。
 数多くの事業のうち、直接民主党チームが仕分けできる事業は全体の約8%とのことです。これらを詳細に分析することにより「事業のムダ」を種別にパターン化、マニュアル化し、後は役人の協力のもと実施していくようです。調査を進めていくことで前政権や官僚たちの巧妙な利権や天下り構造が明らかになっていくものと期待しています。
 まずはムダを根絶し徹底的にウミを出し切ってから国民に今後の負担増をお願いすれば、国民も理解と協力をしていただけるものと思います。

 もうひとつのテーマは、ネット選挙、ネット献金についてですが、民主党は企業からの献金を全面禁止する方針のため、ネットを使った選挙や献金は、今後促進されるものと思います。

 いずれにしても、これまでと違って「政権を取る」ことの凄味が頭だけでなく、五感で感じるようになってきました。

 午後は新田南校区、東丘校区の文化祭に参加しました。夕方からは会員でもあるガールスカウト61団が11月1日にコラボで実施するバザー品の搬入の任務を実施し帰宅。しばらくして千里中央公園でのボヤ騒ぎの犯人がつかまったと情報を得て警察に確認の電話をしました。
先日来の団地内での放火事件との関連を問いただしましたが、どうも関連はなさそうだとの情報で、警戒態勢を緩めることなく緊張状態が続きます。


fukuokamasaki at 21:43コメント(0)トラックバック(0)政治に関するお話(by福岡正輝) 

2009年10月28日

 本日早朝、「市政だより」配布から帰宅すると、UR(都市機構)新千里東町団地の清掃員の方から「福岡さんまたやられました」との報告がありました。
集合郵便受けの一部に「つけ火」の痕跡があり、幸いにもポストにいっぱい詰まっていたため燃え広がらなかったもよう。(1週間前にも連続4件のつけ火があり、大ごとには至らなかったことは報告しました)

 今日のものは、エレベーター前の集合ポストだったので、もしやエレベーター内の防犯カメラが事の一部始終を補足している可能性があり、警察、消防署、UR緊急センターに連絡し、実地検証とコンピューターのハードディスクに録画されている映像が上書き消去される前に至急証拠保全するようにと手配しました。

 それにしてもこの1週間、警察や消防、地域防犯がパトロールを強化しているにも関わらず、まったく同じ場所で「つけ火」をしでかすとは大胆不敵と言わざるをえません。検挙こそが最大の防御と様々な機関と連携し解決に取り組みたいと考えています。

 それにしても病んだ現代社会の一面を身近で体現する悲しさと空しさが憂鬱な気分に拍車をかける……

 午後は登庁し事務仕事をこなし、夕方6時からは年に1回の市理事者との親睦・懇親のための「野球大会」がローズ球場で開催されました。普段難しい顔をして喧々諤々の関係にある議員と理事者が一堂に介して楽しむのも「お互いの人間を知る」ということではそれなりの意味もあり、今後に生かせるのではと思います。

 私は、2番ショートで先発出場し結果は8対4で議員団の10年ぶりの勝利に終わりました。大きな怪我もなくお疲れ様でした。


fukuokamasaki at 23:12コメント(0)トラックバック(0)いろいろなお話(by福岡正輝) 

2009年10月27日

 23(金)午前中は「市政だより」の配布、午後は田舎の親戚(淡路島)から訃報の連絡があり、お通夜に出席し夜遅く帰阪しました。

 24(土)午前中は私立幼稚園の運動会に来賓として出席、午後「市政だより」の配布の後、選挙関連の会議に出席しました。民主党が政権を取り国への意見や要望がストレートに出せるようになり、政権交代の現実を肌身感覚で知ることになりました。
 夜は地域行事で一緒した数人の方々と打ち上げ慰労会を実施し、夜遅くまで「ワイワイガヤガヤ」いろんな意見も聞けて楽しい会でした。

 25(日)は早朝からの「市政だより」配布の後、月1回のアドプトロード(地域美化清掃奉仕)に参加しました。
午後は配布ののち千里中央での駅立ちに出ました。
多くの方からの声掛けとともに貴重な意見も頂き感謝です。
夜は市民からの相談があり、自宅に来ていただきました。職場の構造的な悩みや対人関係など、難しい現代社会の縮図のような相談内容でした。聞いてあげるだけで即解決とはいかず申し訳なかったのですが、元気を取り戻し明るく帰っていただいたのが救いです。

 26(月)は連休の間にもたらされた問題や「市政だより」関連の問い合わせに関して、役所の各部署からの聞き取りや問題解決の調査に大わらわの一日となりました。

 27(火)は完全休養日ですべて自分の用事、趣味に費やした貴重な一日となりました。いよいよ明日早朝から午前中に終わる予定の「市政だより」配布も2.5万枚すべてが終了となります。
 
 「市政だより」配布開始から今日まで、実に多くの意見や要望、質問やねぎらいの言葉を様々な形でいただきました。いただいた意見やアイデアも貴重な市民の声として市政に生かすとともに、実現すべき項目に対しては確実に影響力を行使し、成果として報告できるよう取り組みたいと考えています。


fukuokamasaki at 22:00コメント(0)トラックバック(0)いろいろなお話(by福岡正輝) 

2009年10月23日

 21(水)は早朝から「市政だより」の配布をし、その後4時ごろ帰宅すると、けたたましいサイレンの音にびっくりし表へ出ました。
消防と警察が大勢いて、近くの自転車置き場とゴミステーションで不審火が発生したとのこと。さらに翌日になって私が見回っていると、建物近くで小さなボヤの跡を発見したと清掃員の方から連絡を受けました。その結果合計4か所で付け火と思われる事件が発生。

 手口や時間帯、場所が半径200mくらいのところで発生していることから、同一犯によるものと思われ、警察や消防、地域防犯にも要請し、定期的パトロールの実施を要請しました。

 何も起こらねばよいがと心配が続きます。


 22(木)は、早朝から駅立ち(千里中央モノレール)を実施、ここを通る人の大部分は千里中央駅のハブ機能を利用した通勤客です。その後、登庁し事務仕事や調査を実施し、夕方から桃山台駅での「市政だより」の配布、わずかの時間に予定していた600枚を配布し終わり帰宅しました。
 夕食後、自治会役員から電話があり、近くの住人が1週間ほど帰宅せず郵便物がたまったままだという情報を得て現地へ直行、確かに郵便ポストは満杯状態で一人暮らしだけに不安がよぎります。

 警察とUR(都市機構)の緊急センターの協力を得て中に入ろうと思ったが、役員の一人がもう一度千里中央界隈の心当たりを探してみようとの提案で、一同手分けして歩きました。
その結果9時ごろに当人を発見しました。しかし、本人は、ここ何日かは駅で寝ているとのことで何としても自宅には帰らない(帰れない)とのこと。

 仕方がないので本日だけはそのままにしてして、明日一番にしかるべき担当部署に連絡を取り身柄保護をしようとの結論に達しました。この人に関しては、私も何年間か関わり、心配していたが限界点に来たようです。
 
 いずれにしても普段との状況変化に気付き連絡いただいた自治会員さんに感謝するとともに、地域や本人事情に熟知した自治会役員(民生委員兼務)のお手柄でした。


 今後、不安定な社会状況や高齢化の進展によりこうしたことの多発が心配です。こうした連携プレイもいつまで機能できるか心配の種です。


fukuokamasaki at 05:45コメント(0)トラックバック(0)いろいろなお話(by福岡正輝) 

2009年10月20日

 19(月)に開催された環境福祉常任委員会での質問内容です。

市立豊中病院
 ジェネリック医薬品使用の拡大について
 … 全国平均の半分に満たない使用率をまずは、全国平均並みに拡大し、患者負担の軽減と病院経営の健全化を図るとともに、この国の医療費抑制に貢献することを要請。
市立豊中病院長から使用拡大に努めたい、病院職員にも徹底したいと答弁がありました。

 ADR(裁判外紛争処理)について
 …医療裁判の増加が医師のメンタルヘルスや病院経営にも影響を与えていることから、市立豊中病院では、医療裁判に至らないようにするため裁判外紛争処理を図るため、平成17年から医療安全管理室を設置しているが、その現状と効果。

 設置以来、平成20年度までに患者からの相談件数が119件あり、和解に至った件数が111件(93.3%)で、訴訟となった件数は1件と極端に減少した。

 患者や家族に対する説明や情報はしっかりと隠さず行うとともに、クレームに対する初期対応は誠心誠意行うことに努めるよう要請しました。

公園みどり課
 市内の公園や道路脇にある街路樹の詳細なデータを整理し、剪定や老木の更新時期を最適に行い、経費の削減とともに台風などによる倒木の未然防止に努めるよう要請しました。

環境事業部
ゴミ収集の民間委託50%(現在30%)を早期に達成するとともに、2人乗車(現在3人)を進め、行財政改革に取り組むとともに、ドライブレコーダーを導入し、事故の未然防止に努めるよう要請。着実に実施するようにすると答弁がありました。

環境政策室
 CO2の削減に努めるため、LEDや冷陰極管蛍光灯を本庁や目立つ場所を選定し設置する。このことで市民に節電やCO2削減の効果を目に見える形で実証することを要望しました。今後積極的に研究し取り組んでいきたいと答弁。また、カーシェアリングを市が積極的に進めることで低炭素社会実現に努めることを要請。
全庁的な取り組みを検討したいと答弁がありました。

他、何点か質問しました。詳しい内容を知りたい方や意見、アイデアをお持ちの方は是非ご連絡ください。


fukuokamasaki at 22:34コメント(0)トラックバック(0)政治に関するお話(by福岡正輝) 
記事検索
プロフィール

fukuokamasaki

  • ライブドアブログ