2010年02月

2010年02月28日

 27(土)は、千里中央コラボで開催された「千里市民フォーラム」に出席するとともに、以前から約束のあった市民の方と面談をしました。
 この方とは、以前から市政や様々な問題についてご意見、質問等をいただき、メールで対応してきました。しかし今回は、どうしてもお会いしてお話を聞きたいと思いこの日の面談となりました。私と比べれば人生の大先輩ですが、実に若々しくお年を感じさせないばかりか、発想のすばらしさやバランス感覚に優れた「人生の年輪」を感じさせられました。今後ともこうした方とは積極的に係わらせていただき、「市民感覚の研鑚」に努めていきたいと考えています。

 28(日)午前は、地域のアドプトロード(地域美化清掃)に参加し、午後からは、今年度最後の公民分館行事である「ファミリーバドミントン大会」に出場しました。参加チームは各自治会、各種団体を含め7チーム、私は地域防犯チームの一員として参加し3位となりました。普段やってるバドミントンとは勝手が違い、シャトル(球?)のコントロールがなかなか難しい。それでも多くの方々とワーワー言いながらのスポーツは楽しいものです。
スポーツをすると脳が活性化するといいますが、5日の本会議質問にこの2日間の気分転換がどう生かされることやら……


fukuokamasaki at 23:35コメント(0)トラックバック(0)いろいろなお話(by福岡正輝) 

2010年02月26日

 本日から3月議会が始まり、3月25日まで開催されることになりました。冒頭、浅利市長が施政方針説明を行いました。
 この中で浅利市長は、4年間の各施策についての取り組みを説明し、最後に4月に行われる市長選に立候補し市民の審判を仰ぐと事実上の立候補表明をしました。その後、平成21年度補正予算、22年度予算案ならびに関係諸議案が財務、総務各部長から提案説明され審議されることになりました。

 3月5日から各会派の代表質問、11日からは各常任委員会が開催され25日に最終日を迎えることになっています。
私が所属する「新政とよなか議員団」は代表質問の初日、5日に質問することになっており、各議員が数項目づつ担当します。
 その後、15日に私が所属する環境福祉常任委員会が開催されることになっています。

 現在私は、代表質問の担当分、所属委員会の質問内容について奮闘中で睡眠不足、運動不足がしばらく続くことになります。質問項目については、3月3日の通告締め切り後に触れていきたいと考えています。


fukuokamasaki at 22:23コメント(0)トラックバック(0)政治に関するお話(by福岡正輝) 

2010年02月24日

 今日は登庁後3月議会代表質問のうち、私が担当する部門について担当職員からの聞き取りを実施。
夜は、豊中駅前ホテルアイボリーで開催された「まちづくり研究会」に出席しました。
 出席者は、市民、行政関係者、研究者や大学教授など多彩。本日の講師は都市計画専門家の難波健さん、テーマは「都市計画制度は使われているか」と題し、住民・行政・専門家の関係の構築に向けてという内容で講演がありました。その後、出席者からそれぞれの経験や立場で「都市計画制度」について活発な議論が交わされました。
 都市計画制度のそもそもの目的は、住民が住みやすい都市をつくる、というのが目的です。こうした立場の違う人たちからの意見を通して、都市計画決定に至る住民・行政・都市計画専門家のあるべき姿や関係も見えてきます。
こうした勉強会を通して、豊中市の都市計画やまちづくりに活かしていきたいと考えています。


fukuokamasaki at 23:25コメント(0)トラックバック(0)いろいろなお話(by福岡正輝) 

2010年02月22日

 今日は午前中、平成22年3月定例会で審議される21年度補正予算と22年度予算案の内容についての説明が議会に対し行われました。今年4月に市長選挙があるため骨格予算となり、本格的な予算審議は選挙後に行われる予定です。

 午後は「新政とよなか議員団」の団会議が行われ、3月定例会における代表質問の内容と役割分担について検討しました。
 私は福祉分野、住宅施策、環境問題、まちづくり、などの部門において質問事項を担当することになっています。

 その後、箕面市で開催された橋下大阪府知事と箕面市議会との「空港問題に関する」意見交換会に出席しました。内容については、池田市で行われたものとほとんど同じものでした。
終了後、役所に戻り3月議会のための資料の読み込みや担当職員からの聞き取り調査を実施しました。
 議会質問の詳細については逐次公開していく予定です。
 



fukuokamasaki at 22:51コメント(0)トラックバック(0)政治に関するお話(by福岡正輝) 
 土・日は、地域での活動がメインとなります。
20(土)は連協の定例会です。現在校区内には12の自治会があり、その集合体が東町自治会連絡協議会。毎月第3土曜の夜開催され、各自治会から2名の評議員と顧問が5名、事務局員の総勢30名で運営されています。
 私は顧問としてメンバーに入っていますが、議員として入っているわけではありません。これまでの連協会長や公民分館、民生委員、防犯役員、体協、PTA等々、30年の現場経験を地域の「まちづくり」に活かして欲しいということで引き受けています。

 確かに長年にわたる現場でのフィールドワークを体験し、現在も係わっていることは議員としての最大の武器であり、議会活動での成果にも結びついています。今後とも現場主義を貫きながら公私での活動に活かしていきたいと考えています。


 21(日)は、校区福祉が主催する「安否確認」の実践訓練に参加しました。この訓練は先日行われた「非常事態発生」時の図上訓練に引き続き行われたもので、豊中市では、震度6弱以上の地震が発生したときに校区福祉委員会や民生・児童委員、ボランティアの方々等の協力を得て安否確認をすることになっています。対象は、あらかじめ登録された障害者や独居老人で、直接訪問し安否の確認をします。
 私が確認する対象者は妻との共同で11名となっています。
午後1時30分から始め、おおむね1時間で作業を終了しました。入院中2名、在宅7名、留守2名を確認し本部に対し詳細に報告して終了しました。入院中の2名については担当民生委員との情報共有が大切で、日頃からの連携が欠かせません。こうした実地訓練を通じて実態や経験・ノウハウを習得しておくことが大切で、議会や市政全般での活動に役立つとともに市民の安心・安全には不可欠の作業です。


fukuokamasaki at 00:37コメント(0)トラックバック(0)いろいろなお話(by福岡正輝) 
記事検索
プロフィール

fukuokamasaki

  • ライブドアブログ