2011年06月

2011年06月23日

 会派視察2日目は、東京都品川区を訪れ学校給食を
視察。品川区は東京都の南東部に位置する人口約35
万人で豊中市より面積、人口とも少し小さな区です。

 学校給食については昭和25年から小学校で、46年
には全中学校で完全実施し、センター方式ではなく自校
方式で行っています。自校方式を採用した理由等に
ついて説明を受けた後、給食費の未払いの現状と対策、
アレルギー食、運営の民間委託等について質疑が行わ
れました。

 センター方式ではなく自校方式を採用している理由は、
そのメリットを生かすための財政的余裕(土地、設備投資
や人的費用負担)があったことやセンター方式では交通
混雑による安定配送が困難だったようです。また、給食
費の未払いについては、悪質なものは殆どなく、都内は
勿論、全国的に見ても優秀だとの回答に感心しました。

 アレルギー食については、医師の診断に基づき、除去
食に対応しているとのこと。運営の民間委託については
順次進めており、近年中には完全実施する予定とのこと
です。

 今回の視察で学ぶべき点は、運営の民間委託に関して、
給食従事者に試験を受けさせ、積極的に配置転換を進め
ていることや区の花(さつき)をデザインした強化磁器食器
の導入、さらに、それぞれの地域で高齢者配食サービス
を実施していることなど、福祉部局との連携による給食
施設の総合的有効活用に何年も前から取組んでいること
は高く評価したいものです。
 但し、高齢者配食サービスについては当市でも既存施設
との連携で積極的に活用しなければなりませんが、当然予
測される問題点等についても既にぶち当たっていることな
ど聞けたのは、今後の当市の取組みに大いに参考にした
いものです。

 意見として、これだけ自校方式を採用している現実から、
各校の設備更新時に小規模施設だからこそ有効なドライ
電化方式の採用に取り組むべきではないか、との指摘に
対し「トライするべきだった」との意見も聞かれたが、ドライ
方式が特徴の一つである衛生管理ばかりが喧伝されるが
労働環境改善の視点からも検討したことに胸を張られ、
納得の視察となりました。


fukuokamasaki at 11:22コメント(1)トラックバック(0) 

2011年06月21日

 足立区への視察の機会を有効に生かすため、視察後
中野寛成国務大臣(国家公安委員長)を表敬訪問しました。
最上階の大臣室からは永田町、霞が関、皇居が一望でき、
警察庁や警視庁も眼下にあり、眺望の良さと権力関係の
所在配置も誰が決めたのか妙に納得してしまいました。

 忙しい時間を割いていただき、約30分あまり懇談しました。
その後、隣にある国交省を訪問し、関空・伊丹経営統合の
担当役人など4名と「新政とよなか議員団」5名で懇談と意見
交換をしました。前回の昨年9月は空港問題調査特別委員会
の長としての要望が目的だったためいろんな制約がありまし
たが、今回は非公式なものであったため突っ込んだ話もさせ
ていただきました。細かい内容については報告出来ません
が、なかなか意義のある懇談が出来たと思っています。

国家公安委員長と






fukuokamasaki at 00:50コメント(1)トラックバック(0) 

2011年06月18日

 温暖化対策に取り組む東京都足立区を訪れ、環境部
温暖化対策課長から話を聞きました。足立区ではマスコ
ミでも報じられ話題となった、LED電球購入代金5.000円
以上に付き、3.000円分の地元で通用する商品券と交換
することで電力使用削減効果(温暖化対策の一つ)と地元
商店街の活性化に取り組んでいます。

 予算は白熱電球約45.000個をLED化することを目的
に5.000万円を事業費として計上し取組んでいますが、
マスコミで取り上げられたこともあり、順調に進んでいる
とのことでした。

 温暖化対策に関する取組みとLEDとの関係について
は、平成19年の議会で私が初めて取り上げて以来、
何度も質問や提言を繰り返してきました。豊中市での
取り組みは、年間約15億円の電力使用量のうち約1/3
が照明関係と試算し、LED化による億単位の電力料金
縮減とCO2の削減効果に取り組んでいます。
 現在では市民から一番目につく庁舎1階の一部や
街路灯、道路照明の一部でLED化を進め、事業者や
市民への拡大普及に期待を寄せています。

 足立区の手法は、財政的に余裕があるからこそ可能
で一つの方法だと思うし、商店街の活性化の一助となる
ことから決してバラマキとは言えないだろう。また、庁舎
1Fのトイレが地元事業者の寄付によりLED化されてい
るのが目に付きました。(当市でも可能のはず)

 さらに環境展で実施していたLED化のメリットとエネ
ルギー効果を誰にでもわかりやすく体験できる方法を
提供していることは素晴らしいものでした。


 尚、同日実施した議会改革については、政務調査費
や議会中継等については当市の取組みが先行してい
たが、議会開催(5〜6月)や複数委員会同時開催、
予算、決算特別委員会を持っているのが特徴で学ぶ
べきことが多いのも実感であった。


fukuokamasaki at 16:26コメント(0)トラックバック(0) 
 6月15〜16日の2日間、東京都足立区、品川区への
行政視察を「新政とよなか議員団」5名で実施しました。
15日朝、新大阪を出発し午後1時から足立区役所に
入り、前半を議会改革に関する取組みを議会事務局長
から、後半を環境部温暖化対策課長から説明を受けま
した。帰り際には区役所ロビーで実施していた環境展を
見学。

 その後、霞が関にある国家公安委員会を訪ね国務
大臣室で中野国家公安委員長と懇談しました。更に
この日のもう一つの大事な要件で隣にある国交省を
訪問し、航空局役人4名と関空・伊丹経営統合に関して
意見交換を行いました。


 2日目は品川区を訪れ、視察のメインである学校給食
について説明を受け意見交換を行いました。
 また、品川区については数年前、学校選択制に関して
視察した経緯もあり、その後の動きなどについてもお聞
きしました。

 次回から何回かに分けて、これらの内容や行政視察を
市政にどう生かすかなど報告したいと思います。


fukuokamasaki at 10:36コメント(0)トラックバック(0) 

2011年06月14日

 14日午前、「豊中市私立幼稚園連合大会」が千里中央
のよみうり文化ホールで開催され、来賓として出席しました。
この大会は毎年この時期に市民会館で開かれるのですが、
市民会館が3月末をもって使用できなくなり、急きょ千里で
開催されることになりました。

 出席者は豊中市私立幼稚園関係者と来賓として市長、
議長、教育長をはじめ各級議員が多数参加しました。
それぞれが挨拶の中で、東日本大震災での犠牲者や
被災者へのお悔やみやお見舞いに触れ、豊中へ避難して
いる家族や子どもたちへの支援を要請されました。

 大会はこの後、市に対して私立幼稚園への助成や支援
と公私間格差是正の取り組みを要請する大会決議を採決
されました。豊中市の幼稚園教育は私立に大きく依存し、
質の高い教育が行われていることから、市としてももう少し
助成措置を講ずるべきだと考えています。

 休憩の後第局瑤任亘中市出身の落語家、桂 枝女太
(かつら しめた)による教養講座「言葉の重み」についての
講演が行われました。



fukuokamasaki at 14:40コメント(0)トラックバック(0) 
記事検索
プロフィール

fukuokamasaki

  • ライブドアブログ