2014年09月

2014年09月25日

 新千里東町近隣センターの建て替えに関し、地元市民に対する説明会が24日夜、地区会館で行われた。主催は豊中市千里ニュータウン再生推進課で、他に大阪府タウン管理財団、商業団体地権者代表が当事者として参加。説明を受ける市民は、地域自治組織役員や各種団体役員、大学教授やまちづくりコンサル、一般市民を含めると120名以上の方が参加し満席となった。 この日は台風接近の余波で雨模様の中、あまりの多さにうれしい誤算となった。

 まず、豊中市の担当者からこれまでの経過や現在の状況、これからの課題等が説明され、その後は質疑応答となった。次々上がる質問の挙手、担当者が丁寧に答えるが質問は終わらない。この町の人たちが「まちづくり」にいかに関心が高いかが解る。内容的には現在の場所から東へ移動する目的やその功罪について、人や車の導線に関する安心・安全対策、ニュータウン開発当初の基本的な考え方(近隣住区理論や歩いて暮らせるまちづくり構想)と再整備にあたっての整合性など、多くの切り口からの質問や意見が相次いだ。

 まだまだ未確定要素が多い中での説明会であったため、きちんとした答弁や合意形成に至ったわけではなく、これからの議論や話し合いが重要だと言うことを再確認することとなった。

 私自身は、多くの方々の意見や要望を正確に聞き取ろうと臨んだので、発言する気持ちはなかったのだが、最後に司会者からこの問題を長年見守り関わってきた人間であり、議会で取り上げてきた立場から見解を求められた。

 まず、この日の議論については、それぞれの立場の人々が持論や要望を一生懸命発言されたし、その詳細について市民の多くは理解できたのではないか。しかし、それぞれの主張がぶつかっただけでは問題の解決には至らない。ここで大切なのは、より良い「まちづくり」にこれだけ多くの市民や関係者が集まったということであり、ともに汗を出し、知恵を出すことで所期の目的は達成され、これからというのが率直な感想だ。

 商業団体地権者はお客あっての商売であり、市民の思いを重く受け止めていただきたい。豊中市やタウン管理財団(大阪府)はこの事業が後世からも評価されるものとなるよう最大の努力を傾けるべき。市民の皆様も今後とも「まちづくり」の当事者として関心を持ち続けてほしい。是非一緒に頑張っていきましょう。と結んだ。

 期せずして起こった拍手に感動とこれからの責任の重さを感じた瞬間だった。


fukuokamasaki at 14:47コメント(0)トラックバック(0) 

2014年09月16日

 豊中市立西丘小学校の建替え説明会が行われました。千里ニュータウン豊中市域にある小学校で耐震診断の結果、IS値(耐震指数)があまりにも低く、耐震補強ではなく建替えが決定された学校です。建替えについては、市(教育委員会)に対し、保護者や地域住民、地域活動団体に十分な説明と意見聴取を実施するように私自身が申し入れ昨年、3回のワークショップが開催されました。その結果、地域の要望や意見を取り入れた基本設計がまとまり、今回その説明会が実施されたものです。

 一通りの詳細説明の後で、質疑応答が行われ十数人の方々から意見や要望等が出されました。その大部分は、より良い建設計画となるようにとの思いからか、市に対して厳しい質問や説明責任を求めるものが多かったのが実情でした。勿論、市は今回の説明に対して十分な周知や資料の配布など、行き届かなかったものは反省し次回の最終説明会には十分生かしていただきたいと考えます。

 全体が厳しい指摘や意見に終始する中、昨年のワークショップから参加されてきた方から、これまでの地域の方々の努力やアイデアの提示、真剣な議論の中から「素晴らしい基本設計」が完成したことを評価すべきだとの意見があり、救われる思いがしました。より良いものを求めて努力することは大切なことではあるが、自分たちの頑張りがあったからここまで来たのだとの自己評価(地域評価)も大切にしたいものです。次回の最終説明、意見交換が楽しみです。


fukuokamasaki at 17:24コメント(0)トラックバック(0) 

2014年09月08日

 9月7日(日)、千里朝日阪急ビル(A&Hホール)で千里音楽祭が開催されました。この催しは千里地区4つの公民分館(新千里西、南、新田、新田南)が共同で開催したもので、和太鼓、コーラス、リコーダーアンサンブル、ハワイアンなど12のグループが熱演を披露しました。

 会場は満員で立ち見席が出るくらいの盛況ぶりで、多くの方に楽しんでいただけたのではと考えます。今後もこうした公民分館が主体となって教育文化都市としてふさわしい催しが実施されることを祈りたいものです。


fukuokamasaki at 13:34コメント(0)トラックバック(0) 
 9月6日(土)、豊中市立アクア文化ホールで豊中市公民分館協議会研究大会が開催され、議長代理として出席しました。豊中市には41全ての小学校区に公民分館があり、市民のための社会教育活動に取組んでいます。

 この日は、議長の代理として出席し議会からのメッセージをお伝えしましたが、約20年前のこの席で地元公民分館の代表として事例発表をさせていただいた経験があります。教育文化都市としての豊中市の高い評価の多くが、公民分館活動に負うところが大きいと言っても過言ではなく、三つの公民分館が活動や事例の発表を行いました。

 私自身の多くの地域活動経験の中でも多くを学ばせて頂いた貴重な経験であり、議員としての活動にも大きな役割を果たしています。

 

fukuokamasaki at 13:03コメント(0)トラックバック(0) 
記事検索
プロフィール

fukuokamasaki

  • ライブドアブログ