2016年09月

2016年09月28日

 9月本会議個人質問が本日行われました。私が質問したのは二つのテーマで今日はそのうちの一つである、魅力ある公園整備と都市政策について、をご報告いたします。

 住んでみたい都市、選ばれる都市として近年、様々な調査やランク付けが行われています。わが豊中市は関西地区においては常に上位を占めており、千里中央を中心としたグレーター千里と呼ばれる地域は特に高い評価を受けています。選ばれる理由はいくつかあり交通や生活の利便性、自然や住宅、教育環境の良さなど様々な理由があげられます。

 こうした中で今回取り上げたのは、千里中央公園(豊中最大の総合公園14.2)で、持続可能な都市の更なる魅力創造にどう取り組むかということです。この公園はニュータウンを開発した大阪府から移管を受け44年が経ちましたが、移管当初は豊中市の財政状況もよく、体育館の建設や遊具の整備など、市民に好評の維持管理をしていました。しかし、バブルが崩壊し阪神淡路大震災の被害も受け、市も財政非常事態宣言をする事態となり公園もほとんど管理や器具の更新等にお金をかけてきませんでした。

 私自身は最悪期を脱し、財政非常事態宣言も撤回された今こそ、公園の魅力アップと維持管理に資金を投下し魅力ある公園として市民に利用してもらうべきと訴え続けてきました。今回の質問で、展望台の改修やローラー滑り台の更なる工夫による魅力アップ、幼児用遊具の新設、野外炊飯場の利便性向上、桜の古木を更新すると同時に新たな植林をし「桜の名所」として復活すること、野外ステージの魅力アップや駐車場の稼働率の向上など、多くの指摘や改造を提案しました。

 すでにいくつかは改善や更新の約束はできていますが、市に対しても現場感覚や利用者利便、利用者満足などしっかり調査したのち、委員会等で議論を進めようと提案しました。できるだけ早く市(公園みどり課)と話を詰めていきたいと考えています。今後、市民の皆様から千里中央公園が変わった、魅力いっぱいの公園になったといわれるようしっかり取り組んでいきます。どうぞご期待ください。
 



fukuokamasaki at 21:54コメント(0)トラックバック(0) 

2016年09月26日

 9月議会本会議個人質問での質問通告をしました。質問日は9月28日午後の予定です。内容については

1.魅力ある公園整備と都市政策について  2.健康寿命延伸・医療費適正化に関する新たな取り組みについて

の二つのテーマです。
1.については豊中市内にある二つの総合公園の一つである千里中央公園について質問します。大阪府が開発した千里ニュータウン豊中市域にあって広さが14.2ヘクタール、体育館や展望台、人気のローラーすべり台やほとんど使われていない野外炊飯場や野外ステージ、野鳥や渡り鳥観察ができる安場池の親水機能への市民要望、桜の名所としての復活、利用率が十分でない公園駐車場の問題などを取り上げ議論します。こうした問題の議論を通じて千里中央公園の魅力創造と価値ある総合公園への変貌を実現したいと考えています。

2.については健診率の低さや生活保護者の一部にある医療費適正化問題、膨れ上がる総医療費問題と保健事業制度を守るために新たな取り組みを提案し、大学との連携による取り組みを進めています。

 詳しくは議会の傍聴もしくはインターネット中継でご覧ください。議会終了後にはこのページでご報告いたします。



fukuokamasaki at 10:47コメント(0)トラックバック(0) 

2016年09月22日

 8月12日、青パトに乗車し新千里北町、東町、新田地区をパトロール。14日、箕面市議会議員選挙(内海候補)の出陣式に参加。19〜21日、地域夏祭りの前日準備から後片付け。27日、地元自治会でUR(都市機構)の建て替え問題についての会議、自治会主催の花火大会に参加。28日、アドプトロード(地域美化清掃)と「ひじり幼稚園」の50周年記念式典に来賓として出席しました。29日、無所属の会団会議。30日、9月議会告示。

 9月2日、新田地区からの市に対する要望を受け、市の幹部の皆さんと面談。午後は新築になった豊中市文化芸術センターの内覧会に参加。文化芸術センターについては設計段階から関心が強く「旧新政とよなか議員団」時代に各地の市民会館を視察、研究し、設計に反映させるよう市に申し入れてきました。
 特に、座席の大きさや前席との距離、傾斜角度を含めた利用者目線での注文を付けてきました。100点満点とは言えないかもしれませんが、完成した文化芸術センターの快適性を市民の皆様に体験いただけたらと思います。

 4日、地域に設置する防犯カメラ30台の位置決定の調査、5日には夜間での現地調査を実施。5日から本会議が始まりました。12日から15日まで各常任委員会開催。16日は池田市伏尾台にあるフリースクールを視察。午後は関連あるグループホームの敬老祝賀会に来賓として出席。21日は団会議を開催しました。22日は豊中市BBS会主催の研修会に出席しました。内容は 〜子供たちに寄り添うために〜 と題しての性教育について、講師は思春期保健相談士の徳永 桂子さんで話の内容も分かりやすくすごく勉強になりました。


fukuokamasaki at 16:41コメント(0)トラックバック(0) 
 8月8〜9日の両日、所属している環境福祉常任委員会で行政視察を行いました。8日は群馬県太田市でテーマはフードバンク。賞味期限が迫った食品や製造過程で不良品(使用に問題のないもの)となったもの、市民や団体、法人からの寄付された物資などをストックし、生活困窮者(生活保護受給者は除く)や一定の基準をクリアーした人たちに利用されています。市では福祉の立場からこうした事業を発展させ社会的弱者で行政の光が届かない人々の救済や無駄に捨てられる食品の有効利用に役立てています。

 9日は神奈川県横須賀市で、全国的にみても数の多い無縁仏の埋葬やその後の問題処理に取り組んでいました。横須賀市は歴史的、地理的に海難事故や自殺者等の漂着が非常に多い地域で、こうした状況の経験やノウハウが豊富で、先進的な自治体です。特に最近では身寄りのない高齢者の孤独死や引き取り手のない遺骨の取り扱いも多いようです。

 こうした問題は横須賀だけに限らず、全国的にも問題になっており豊中市とて例外ではありません。私のところでも多くの相談や具体的な支援の話も進めています。今後とも先進的に取り組んでいる横須賀市も参考にしながら豊中市での取り組みに生かしたいと考えています。



fukuokamasaki at 11:13コメント(0)トラックバック(0) 
記事検索
プロフィール

fukuokamasaki

  • ライブドアブログ