2016年10月

2016年10月28日

 NPO法人、大阪大学と連携し談話会を新千里東町で開催しました。タイトルは「老いて、長生きに耐えられるか」というもので、副題として認知症、看取り、尊厳死、幸せな晩年とは?というものです。

 現在、我が国では少子化と高齢化が同時進行する中で人口減少社会に突入しています。特に団塊の世代と言われる昭和22〜24年生まれが2025年には全員が75歳以上の後期高齢者となり、そのピークを迎えることになります。かつては数名の若年層が1人の高齢者を支えるという時代から1.8人で1人を支えるという非常に厳しい現実が迫りつつあります。そういう時代に何が起こるのかというと、生産年齢人口が急激に減少することから国の富や個々人の富が減少するとともに税収の落ち込みや年金、健康保険料の収入減は確実なものとなります。

 一方、高齢者が急増することから医療費増や介護費用増が深刻な問題となるほか、介護できる親族等も減少することになってきます。更に高額医薬品の薬価収載が目白押しとなるほか、高額療養費制度か追い打ちをかけ健康保険財政も風前のともしびとなる可能性も現実問題となります。こうした危機的状況を回避するため、将来的には少子化の改善や持続的な経済成長など不可欠ですが、一朝一夕に実現するものでもなく国として頑張ってもらわねばなりません。また、豊中市や我々自身が出来ることにも全力で取り組むべきです。


 こうしたことの具体的取り組みの一つとして私自身は、豊中市と大阪大学との連携協定を生かした共同の取り組みを推進すべくNPOの協力も得て大学との連携に取り組んでいます。今回実施した談話会は、こうした現実を市民と共有し、現場の声を聴くとともに当事者の理解や協力を得ることで連携強化を図るためです。更にこの動きや連携の成果として健康寿命の延伸、認知症予防、市民意識の改善に結びつけねばなりません。


 地区会館で実施した談話会には約50名の市民や関係者が集い活発な議論や質問が相次ぎました。コーディネーター役の先生も熱心な市民の方々が多いのには感心していました。ぜひ近いうちに2回目を開催したいとのことでした。私自身も大学と豊中市との連携に積極的に関わり役割を果たすとともに、確実な成果に結びつくよう努力したいと考えています


fukuokamasaki at 23:14コメント(0)トラックバック(0) 

2016年10月02日

 たけなわとなり学校や地域では運動会が開催されています。29日は第八中学校が前日雨だったためこの日に実施。しかし、29日は本会議の最終日だったため準備作業を9時過ぎまで見学しました。グランド準備やテントを立てたりいすを並べたり、生徒たちが役割分担しながら段取り良く作業をしていたこと。更に元気な挨拶が特に印象的でした。

 1日は北丘小学校、新田南小学校、新田小学校、南丘小学校の順序で訪問しました。限られた時間内に4校を見て回るのもなかなか忙しいものです。それぞれの学校の特徴や個性に合わせたプログラムを子どもたちは一生懸命演技をしており、すがすがしさと頼もしい思いを実感しました。また、各校区で多くの支援者の皆様方とお目にかかれ、ごあいさつや市政に対する要望など多く聞けたのも収穫でした。今日2日は地元東丘校区での公民分館主催の地区運動会に準備係兼選手として出場します。更に、運動会の合間に第九中学校へ来賓として参加のため2時間ほど抜け出すことにもなっています。


fukuokamasaki at 05:40コメント(0)トラックバック(0) 

2016年10月01日

 今回のご報告は二つ目の質問です。内容は「健康寿命延伸・医療費適正化に関する新たな取り組み」について市の考え方を質すとともに、私からの提案を積極的に進め成果に結びつけるよう進言しました。

 豊中市だけでなく全国的に医療や介護に使われる予算が爆発的に伸びています。日本で使われる全体の額が約40兆円で、国家予算規模と比べると約40%に相当します。超高齢化社会を迎えることや医療が高度化することもあって今後もこの傾向は変わりません。国民健康保険や他の健保組合の行き詰まりが危惧されています。

 こうしたことから私は豊中市の国保会計の健全化を図るため、健康福祉部に対し市民の健診率を上げ早期発見、早期治療による市民の健康寿命の延伸と国保会計の健全化を提案しこれまで取り組んできました。しかし、がん検診に見られるように一向に健診率は上がりません。(約30パーセント強) そのために手遅れで重篤な状態になってから治療を受けるため、高額治療費が必要となるのに完治しないケースも出てきます。この他にも生活保護受給者の一部にみられるような不適正で無駄とも思える利用があります。(生活保護受給者は医療費は無料) 更に最近大きな問題となってきたのが高額な薬の問題です。高額療養費制度を使えばほとんどが健康保険から払ってもらえるシステムの問題で、あるがん新薬では年間3500万円の薬で95%以上が保険会計から支払われます。この制度を放置していると保険会計が破綻し、日本が誇る国民皆保険制度が崩壊してしまいます。

 こうした様々な悪条件が重なり将来の各健康保険組合会計や国家そのものも危機に瀕してしまいます。こうした危機状態を回避すべく国も自治体もしっかり取り組まねばなりません。

 以前からある支援者の方とこうした話をしてきました。1年前からこの方の人脈とネットワークを使い大阪大学の研究者に話が持ち込まれました。豊中市が正確で詳細なデータや情報を提供し、大学が膨大な分析研究を実施する。こうした成果を豊中市と大学とが連携し市民に還元する。結果として早期発見早期治療による健康寿命延伸や認知症対策により健康保険財政への負担軽減が実現します。 

 今、市と大学の連携協力と共同事業に議員として取り組み、市民の幸せ実現と国民健康保険会計の健全化を進めています。当然、国保以外の健康保険組合の方々への拡大と成果実現のため全力投球しています。


fukuokamasaki at 17:45コメント(0)トラックバック(0) 
記事検索
プロフィール

fukuokamasaki

  • ライブドアブログ